AMDのリサ・スーCEO「AMDの製品の入手しずらさは下半期には解消される(?)」

また、AMDの製品が話題となっても供給が追いつかず、ユーザーがなかなか購入できないという問題があります。

スーCEO:
これは、製造上の問題ではなく、需要を重視した環境によるものです。需要によってサプライチェーンがひっ迫し、家庭用ゲーム機向け、PC向け、ゲーミングPC向けの製品ラインが必然的に圧迫されることとなります。私たちはこの予想外の需要に対応するために、半導体の生産ラインを追加で増強しています。需要に供給が追いつくには時間がかかるでしょうが、これが現実なのです。

Q:
「需要に供給が追いつかない」という状況はいつまで続くのでしょうか?

スーCEO:
AMDは多くの部品を出荷していますが、すべての部品で出荷量が増加しています。この出荷量の増加は2021年いっぱいまで続くと思われます。上半期は厳しい状況になると思われますが、消費者向けにはOEMパートナーにも出荷しており、エンドユーザーとOEMの間にはリアルタイムの優先順位付けが行われています。私たちは消費者がより多くの製品を求めていることを理解しており、この高い需要を満たすことを優先順位リストの上位に置いています。

 

コロナ等の影響でPCパーツの値上げ、入手しずらくなるという状況が続いてますけど

「AMDでは上半期は難しくても、下半期ならば?」という発言がありました

まぁコロナ次第なんでしょうけどね

 

米尼でRTX3080が品切れなのはいつ解消されるんでしょうね

tiもどうせ品切れなんだろうな

 

AMDのリサ・スーCEOがCPUやGPUの品不足やモバイル版Ryzen 5000シリーズについて語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です